「捨てられる命をゼロに!」

本当の意味での殺処分ゼロは捨てられる命がゼロになる事です。

虐待

「競馬に負けた腹いせに飼い猫を踏み潰して殺した男、事情聴取~名古屋市南区の男」

2017/05/23

偶然、会社の防犯カメラに写っていた男。
道端の横になっていた猫を踏み潰した。

その猫を確認しに行ったところ
2匹、別々の場所で死んでいたそうです。
過去の防犯カメラのデーターを見たところ
同じ男が写っていたので張り込んで
警察に引き渡したそうです。

今朝の新聞記事を読んだところ
警察の取調べでは競馬に負けた腹いせに
やったと供述しているそうです。

この男は警察に引き渡した翌日、釈放されています。
現在の日本の動物愛護管理法では
愛護動物をみだりに殺したり傷つけた者
→2年以下の懲役または200万円以下の罰金
となっています。

この法律が制定されていても
もっと厳しい罰則にしたとしても
警察が起訴して裁判で裁かなければ
何の意味もない法律になってしまいます。

たとえ、起訴されたとしても
せいぜい、数十万円の罰金でおしまいです。

だからどうぶつ虐待は減らないのです。

《スポンサード リンク》



----------記事転載ここから--------

◆シェア、拡散して頂けると助かります◆
この男は猫を踏みつけ虐殺しました。
2017年4月5日深夜。偶然とらえた会社の防犯カメラ。
踏まれて逃走した猫は10分後に道路側溝で死亡しました。
さらに別の猫も50メートル離れた道路側溝で死亡していましたので、
一晩で2匹殺害しています。

普通の人間の所業とは思えません。
翌深夜張り込み捕獲、熱田警察に身柄を引き渡しました。
残念なことに警察は男の素性を私に明示しません。
動物虐待は殺人に繋がる可能性もある。

他人の苦痛や恐怖に共感することができない
『感情麻痺(情性欠如)の要素』を持っています。
愛護法違反の為、取り調べ後、即日釈放されています。
前科無ければ執行猶予つきの軽微な罪となります。

過去の防犯カメラ映像を解析すると深夜同じルートを
自転車に乗り懐中電灯で暗がりの猫を探しながら連日徘徊を繰り返しています。
こいつは、懲りずに、またヤルでしょうね!!! 必ずヤリますよ!!!

この顔に見覚えありませんか?熱田区、中川区、南区、港区などに
出没の可能性あると思われます。
特に外猫のお世話されている方はご注意ください!!!
そして、何か情報ありましたら、おしらせください。
または不審者情報で110番して下さい。
身体特徴は170-175センチ、普通からやや小太り。
額は広く、頭頂部は薄毛。顔がでかい。
現場は、名古屋市熱田区神宮周辺です。

------------記事転載ここまで-------------

記事元;フェイスブック https://goo.gl/bPGBNI

《スポンサード リンク》

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

-虐待
-, ,