「茨城県の収容猫、全頭引取り(犬猫救済の輪さん):皆様、ご協力ください。~茨城県」

茨城県が本気で取り組み始めた
犬猫殺処分ゼロ。

今年度から譲渡どうぶつ1頭に1万円
支給されるそうです。
「犬猫救済の輪」さんでは引きだせるだけ
引き出してボランテイアさんにその助成金を
使ってもらい負担を軽くしていきたいという意向だそうです。


↑写真出展元:「犬猫救済の輪 動物愛護活動ドキュメンタリー」より https://goo.gl/fDtyjG

今までは全て個人負担でしたので
これからは助成金を有効に使って
殺処分されてしまう犬猫を少しでも多く
救っていくのが目的です。

皆さんのご協力をお願いしています。

《スポンサード リンク》



———–記事転載ここから———-

始まったばかりの茨城県動物指導センターの多頭猫の引取り。
年間2000匹以上の殺処分からどこまで生かすことに変えられるでしょう。
動物愛護の予算が譲渡された動物1頭に1万円支給されるそうです。

猫の赤ちゃん一匹を育てるボランティアさんは
先ず、哺乳瓶と乳首の取り換え2500円、
ミルク1缶以上2000円、離乳食~子猫食5000円以上
ワクチン2回6000円
 これだけで、15500円それに
駆虫薬や風邪をひけば医療費、
搬送交通費等で里親に出すまでには
20000円ほどがかかるのが普通です。
少し大きくなれば、フード代やプラス不妊手術代もかかります。

犬猫救済の輪では、この1匹10000円の県からの助成金を
ミルクボランティアさんや預かりボラさんに使っていただくことで
ボランティアさんの持ち出しを軽減できれば
活動も継続でき多くの猫たちをセンターから引き出すことが
実現できると考えています。

また、当会に引き受けたミルク猫たちを育てる長い時間帯に
ミルク猫アルバイトさんを雇うことで、
しっかりと生かしていく体制を作ることもでき
引き取り頭数も増やすことが可能になります。

やはり、経済的な支援があることは命を救うためには大きなことです。
殺処分ゼロに最大限に有効に使いたい予算です。

みんな、生きて、幸せになろうね。

——–記事転載ここまで———-

 記事元:☆茨城県動物指導センター収容猫、今週も全頭引き出し予定です。 ☆茨城県動物愛護推進に、皆様、ご協力ください。
http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-entry-6022.html

↓こんな仔達を助けてあげてください。

よろしくお願いします。

[adtest]

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

トラックバックURL

遺棄

「14年一緒に暮らして引っ越し先で飼えない?~徳島県」

2018年2月12日

14年一緒に暮らした老犬。 引っ越し先でどうしても飼えないらしい。 ↑写真出展元:ジモテイ 徳島版 http://urx.mobi/IuFS 社宅などで自分で引っ越し先を決められなかったのか? 直接聞...

続きを読む

「北海道の棄てられた外猫たちを守る:定ニャンの会」

2018年1月26日

北海道 雪に埋もれた札幌でも寒い日は -15℃くらいまで下がる事もあります。 そんな中、元飼い主に棄てられた 猫たちが唯一、生き延びることができる 温泉街の片隅で身体を寄せ合って 寒さをしのいで生きて...

続きを読む

「流行の犠牲:トルコで棄てられたG・レトリバーを36頭アメリカへ輸送保護」

2018年1月11日

2015年の記事ですが トルコでは10年ほど前G・レトリバーを飼う事が 流行して多くのG・レトリバーが 飼われたそうです。 しかし日本と同じように 流行が終わったG・レトリバーが棄てられて 街を彷徨う...

続きを読む

「クリスマスプレゼントに少年がもらった犬のぬいぐるみが公園に棄てられていた。でも本当は・・・」

2017年12月21日

ある少年にクリスマスプレゼントに 犬のぬいぐるみが与えられた。 少年は大喜びをして最初は一緒に寝たり 公園に連れていきボール遊びをしたりしていた。 でも、その内に・・・・ 飽きてきたのか 公園にそのま...

続きを読む

「空港に置き去りにされた犬が飼い主に棄てられた失意で亡くなる~アメリカ」

2017年11月29日

南米コロンビアのパロネグロ国際空港の中を 何日もウロついてる犬が居るとうわさになったが どうやら飼い主に空港で棄てられたようだった。 ↑写真出展元:https://goo.gl/ee5Apb 当初、こ...

続きを読む

» 遺棄