「捨てられる命をゼロに!」

本当の意味での殺処分ゼロは捨てられる命がゼロになる事です。

虐待

「猫を虐殺した大学生が裁判所から出てきた時、民衆に袋叩きに遭う~台湾」

台湾の大学生だった陳皓揚は
ある1頭の野良猫を虐殺しました。
大学にお詫びをしてボランテイア活動で
罪を償うと約束したが
3ヵ月後に今度はレストランの猫を虐殺したそうです。


↑写真出展元:https://goo.gl/E2jS6f


↑写真出展元:https://goo.gl/E2jS6f

大学はもちろん陳皓揚を退学処分にしたそうです。

陳は裁判所で「自分は精神的な病気がある」と説明し
20万台湾ドル(日本円75万円)の保釈金で保釈され
出国禁止命令を言い渡されたそうです。

そして裁判所から出て来た陳は
付近に居た民衆に取り囲まれ殴られました。
民衆の怒りをここまでにするのも
珍しいのではないでしょうか?

《スポンサード リンク》



それとも台湾では、こういう事が多いのでしょうか?
日本では有り得ない事でしょうが
その内、起きることも有り得るかもしれませんね。

でも、あなたはそんな事しないでください。
気持ちは十分わかりますが
その男がいくら悪くても
あなたも罪として裁かれます。
そんなくだらない人間の為に人生に
汚点を作らないようにしてください。

「因果応報」
その人間には将来、必ず報いが訪れます。
その人間自身または、その家族に。

その人間の犯した罪は自身ではなく
その子孫に報いがくる事もあります。

記事元:【台湾】猫を虐殺した大学生、民衆に取り囲まれ殴られる
http://re-file.com/01/1233/

《スポンサード リンク》






にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

-虐待
-, ,