「捨てられる命をゼロに!」

本当の意味での殺処分ゼロは捨てられる命がゼロになる事です。

レスキュー 遺棄

「ボロボロで保護された野良猫、身体は成猫でも心は子猫のままだった~カナダ」

2017/11/23

子猫の時から野良猫だった猫は
人の優しさに触れたこともないので
人に甘える事も知らない。

身体は何とか成長しても
心が成長する事はないのだろう。

カナダのモントリオールで全身の毛はボロボロ
痛みに表情を曇らせる1頭の猫がいたそうです。


↑写真出展元:フェイスブック https://goo.gl/PVQKN4

近所に住むマリーさんが保護を試みようとしましたが
長年、人に接した事がないようで
警戒心がとても強くなかなか保護できませんでした。

3週間後、ようやく飢えが限界に達したのか
捕獲器に入ってくれたそうです。

《スポンサード リンク》



病院で診察を受けて家に連れて帰ってくると
用意してあったベッドで深く眠りについたそうです。
長い間、外で警戒しながら痛みに耐え
寝ることもできなかったのでしょう。

彼の身体は膿瘍(のうよう)凍傷、闘いの傷
歯も欠けていたそうで
ボロボロの身体は外ではその年の冬を越せる事は
なかったそうです。


↑写真出展元:フェイスブック https://goo.gl/PVQKN4

かなり慣れてきたころ
マルセルと名付けられた彼は
保護B主のマリーさんに愛情を求めるようになったそうです。
呼ぶとすぐに駆け寄ってきて
寝るときは抱っこをせがむようになったそうです。

それは子猫の感情のまま人に触れることもなかったので
心は子猫のままだったかららしいです。

何年も外で生き抜いてきた
マルセルは新しい里親さんの元に
旅立っていったそうですが、そこでも幸せを
感じて暮らしているそうです。


↑写真出展元:フェイスブック https://goo.gl/PVQKN4

この世から野良猫という名前が消える日を願ってます。

参照記事
「苦しい日々を過ごし、ボロボロの状態で見つかった野良猫。優しい人達の愛情で、その瞳に幸せを取り戻す! (13枚)」
http://eureka.tokyo/archives/134808

《スポンサード リンク》






にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

-レスキュー, 遺棄
-, ,