「捨てられる命をゼロに!」

本当の意味での殺処分ゼロは捨てられる命がゼロになる事です。

その他 保健所

「人に怯え咬傷犬で殺処分決定から心を開き警察犬へ挑戦する保護犬「愛ちゃん」~岡山県」

迷子で保健所に収容され
人を恐れて噛んでしまったため
殺処分が決まったシバイヌ。

それでも何とか心を開いてくれないか?と
岡山県のNPO法人「しあわせの種たち」の代表が
殺処分予定日の1週間前からケアを始め
5日目には散歩に連れ出せるようになった為
殺処分予定が回避されたそうです。


↑写真出展元:yahooニュース http://bit.ly/2vDG4Mn

噛む犬=殺処分
これが一般的な常識のようですが
保健所に収容されれば、どの犬も猫も
環境の変化で心を閉ざしてしまったり
恐怖感のために噛んでしまう事も多いようです。

《スポンサード リンク》



ただ保健所としては
命を繋いであげたいと思っても
収容数も限りがある為、命の線引きをしなければ
なりません。

安易に保健所の殺処分を批判する方もいますが
悪いのは元飼い主です。
迷子になっても捜しもしない。
捜し方もわからない。
鑑札さえ付けない。
そんな意識レベルの低い方に犬猫は
飼ってほしくありません。

記事元:yahooニュース 
「殺処分から一転、警察犬へ挑戦 岡山のシバイヌ「愛ちゃん」」
http://bit.ly/2vDG4Mn

《スポンサード リンク》






にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

-その他, 保健所
-, ,