「捨てられる命をゼロに!」

本当の意味での殺処分ゼロは捨てられる命がゼロになる事です。

多頭崩壊

「多頭飼育崩壊をなくする為に市と愛護団体が協力して立ち上がる~滋賀県」

多頭崩壊・・・・
最近、毎日のようにと言っても
おかしくないくらい表面化して
ニュースになります。

表面化するのはほんの一部だと思われます。
まだ家の中で苦しみながら
生きていくのに必死な犬猫がたくさん居ると思います。

※甲賀市で起きた多頭崩壊現場(LOVE&PEACE Pray提供)

↑写真出展元:中日新聞 http://bit.ly/2L9hoOZ

何故、多頭崩壊が起きるのか?
殆どはアニマルホーダーの方です。
そして保護してる内に不妊手術をしないまま
増えてしまったという方もいます。

どちらにしても
金銭的にも余裕がなく不妊手術をしない事が
原因の根本です。
不妊手術をしなければならないという意識が
必要不可欠かと思われます。

そんな中
滋賀県甲賀市では市内で続いた
多頭崩壊を問題として民間の愛護団体と
協力し合って防いでいこうと
立ち上がりました。

全国でこういう試みが広がってほしいと思います。

《スポンサード リンク》



-------------記事転載ここから-----------------

市内では昨年末から今年にかけ、
中高年の市民による猫の多頭飼育崩壊が
二件続いて表面化。

五十匹近くが無秩序に飼われていたり
猫が屋内外を出入りして近隣住民から鳴き声や
ふんなどへの苦情が出たりした。
部屋がふん尿でまみれ、飼い主は玄関で寝ていた事例もあった。

 動物愛護関係者によると、多頭飼育に陥るのは
コミュニケーションが苦手で仕事に就けなかったり
地域から孤立したりして心の支えを動物に求める飼い主が多い。

不妊去勢手術などをして適切に猫を飼うには
一匹三万円以上かかるが、経済的な余裕がないため払えず
引き取るボランティアの負担も大きいという。

 そこで市社会福祉協議会は、猫の引き取りに協力した
動物愛護NPO法人「LOVE&PEACE Pray」(大津市)の
蔵田和美代表(47)や、甲賀市の県動物愛護推進員田中ヒロヤさん(47)に相談。

二人は市や県動物保護管理センターなどに参加を呼び掛け
三月から市役所で月一回の会議を始めた。

-------------記事転載ここまで----------------

記事元:中日新聞 http://bit.ly/2L9hoOZ

《スポンサード リンク》






にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

-多頭崩壊
-, ,