「捨てられる命をゼロに!」

本当の意味での殺処分ゼロは捨てられる命がゼロになる事です。

その他

「最期まで生きていたい:下半身動かぬセラピー犬シャネル~愛知県」

2017/05/24

「さいごまで与えられたいのちを生きたいのは猫も犬も、ひとだっていっしょ」
人は誰しもこう思っているはずです。
それは犬だって猫だって同じです。

生を受けたもの全てがこう思っていると思います。
安易に命を奪うことは犯罪という前に
人としての心を捨てたも同然だと考えています。


↑写真出展元:you tube https://youtu.be/J5LYKJDrds4


↑写真出展元:you tube https://youtu.be/J5LYKJDrds4

殺処分寸前だったシャネル。
安楽死も勧められたシャネル。
でもこの仔が生き続けてくれたおかげで
人々に与えてくれたものは
この先も永遠に残ることでしょう。

---------記事転載ここから-----------

名古屋掖済会病院の緩和ケア病棟のスタッフや患者さん
小児病棟の子供たち、みんなに愛され、
みんなに癒しをもたらしてくれた
アニマルセラピー犬のシャネルがとうとう天使に
なって逝ってしまいました。

でも最後にこのようなメッセージを残してくれたことに感謝しています。
「さいごまで与えられたいのちを生きたいのは猫も犬も、ひとだっていっしょ」
「精一杯生きて、大好きなひとにありがとう、感謝」
どうか多くのひとにこの写真本を手に取って見てもらいたい。

シャネルはまだ私たちのこころに生きていて、
癒しをもたらしてくれると信じている。
名古屋掖済会病院 緩和医療科 家田秀明

---------記事転載ここまで----------

記事元:フェイスブック 家田秀明さん https://goo.gl/Ly6cTO

《スポンサード リンク》

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

-その他
-, ,